So-net無料ブログ作成
苦楽賢人のつぶやき ブログトップ
前の10件 | -

アスカケ一休みのお詫びです。 [苦楽賢人のつぶやき]

アスカケの第2部が終わりました。
手許には、第3部がすでに始まっているのですが・・・少し、お休みします。
カケルとイツキとエンは、現代でいうと、ちょうど大学生くらいになってきました。
この先、いよいよ大人の世界へ入っていくわけですから、やはり、善と悪、裏切りや別離、妥協、嫉妬等おそらく心にいくつもの疵も負うでしょう。

書きながら、まるで自分の子どもが遠い世界で彷徨い、苦悩し、少しずつ逞しくなっているような気持ちになる時があります。

頭の中では、どんどんとアスカケの世界が広がっているのですが、この先のカケルとイツキの運命を想像すると、つい、ここで終わっておいたほうが良いのではないかと迷ってしまいました。

舞台は、ついに、ヒムカ(日向)から、火の国へ、そして筑紫野へと繋がっていきます。そして、海を越えた先に待ち受けているのは・・・・

当分、終わらない話になってしまいました。ひょっとしたら、まだ一年くらい続くのではと・・・ほんの僅かでしょうが、この物語を、ずっと、お読みいただいている方には申し訳ないのですが、ちょっとお休みさせていただきます。

また、すぐに始めるかもしれませんが・・・・本当に申し訳ありません。
タグ:お詫び

御礼の言葉 [苦楽賢人のつぶやき]

アスカケ-第3部 邪馬台国ーをお読みいただきありがとうございました。

幼いカケルも、すでに成人し、多くの人々の力を借りて、終に邪馬台国再興を果たしました。イツキとエンはこの後、九重の平和を守っていく事でしょう。

カケルは、アスカと供に、九重を旅立つ決意をしました。

生まれた村を出て、九重を歩き、いよいよ海を渡ることになるようです。

親元を離れ、社会の荒波へ出て行く若者の苦悩や挫折、そして、家族を持つ喜び、そうしたものを描ければよいかなと考えています。

私自身も18歳で故郷(山口)を離れ、尾張名古屋へ出てまいりました。振り返ると、故郷を離れて30年以上が過ぎています。故郷の友はどうしているのでしょうか。
カケルは、自分のアスカケを見つける旅を続けていますが、私自身はまだアスカケが見つからぬまま、この年になってしまいました。恥ずかしい限りです。我が子もすでに成人し、それぞれの夢に向かって歩き始めました。まさに、アスカケの旅を始めたところです。

拙い文章ですが、偶然にも、私のブログをお読みになられた方の胸の中に、故郷の事、友のこと、夢や希望、そして自分のアスカケをちょっとでも考えていただけたなら幸いです。

「アスカケ~空白の世紀」は、終に第4部に入ります。 
第4部は、2012年の年明けからを予定しております。1ヶ月ほどお休みさせていただきます。


お断りとお詫び
*このお話は、3世紀から4世紀を舞台にしていますが、歴史学的にはまったくつじつまの合わないことばかりかと思います。ストーリーの都合上、邪馬台国を題材にしていますが、歴史学的な裏づけなどありませんので、ご容赦下さい。

おしどり2.jpg

お詫びです [苦楽賢人のつぶやき]

「時間の迷子」もう少し長めで、年末辺りまで掛かりそうかなと思っていたのですが、結末が何だか情けない事になりそうになってきて、早めに切り上げてしまいました。

テレビドラマでも、視聴率低迷で「打ち切り」なんてのがありますが、本当に情けなくて申し訳ありませんでした。
結構、面白い設定なので、少し、遊び心も加えたいところもあったのですが、力が足りず・・申し訳ありません。いっその事、削除してしまおうと考えています。

一つだけ、お話をすべて「一人称」で綴りたいと考えました。
途中、少しだけ会話部分がありますが、基本的には、「僕」による語りです。

そうして、この「僕」は、すでに時間の迷宮の中に居て、何処からか、貴方に語りかけてくるという形になっています。
それを聞いた貴方の身にも、不思議な事が起こるかもしれません。

皆様への御礼 [苦楽賢人のつぶやき]

一昨年の9月にこのブログを立ち上げ、拙い文章を載せて参りました。
最初は、ほんのわずかお読みいただける方があればと思い、こつこつと続けて参りました。

昨日X'masの日に、ついに10万アクセスを突破する事になりました。皆様、本当にありがとうございました。
決して多いとはいえず、随分時間がかかってしまいましたが、それでも懲りずに書き続け、途中何度かお休みしてしまいましたが、皆様からのNICEやコメントを戴くたびに、また書き始める事ができました。

今年は、未曾有の災害が発生し、いろんなものが揺らいだ一年でしたが、来年は良い年になりますよう願って止みません。

年明けからは、再び、「空白の世紀ー第4部ー瀬戸内編」に入ります。
引き続き、お読みいただければ幸いです。

本当に、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

パソコンクラッシュ! [苦楽賢人のつぶやき]

長年使い込んできた自宅のSONYバイオ君が昨夜突然起動しなくなってしまいました。
奇跡的といっても良いくらい故障も無く10年近く使ってきましたが、さすがに限界だったのでしょうか。まあ、CPUもメモリーも現在の環境では化石のような存在でしたので、買い替えをせざるを得ないと思っております。

したがいまして、暫くは、職場のパソコンやモバイルしかありませんので、ちょっとお休みさせていただきます。

せっかく,私の拙い文章を丁寧にお読みいただいている皆様には恐縮ですが・・復帰するまで数日間~一月ほどお休みさせていただきます。

大和はようやく鎮まりました。カケルは皇君になるのでしょうか?それとも、新たな旅にでるのでしょうか?いやいや、そろそろ、読者の皆さんも飽きてこられたので終焉の時を迎えるほうがよいのではと呟きも聞こえてきますが・・・・お付き合いいただけている皆様には感謝・・感謝です。

何卒、ご容赦くださいませ。
ここまでの感想など宜しければコメントお待ちしております。

感謝、感謝、本当にありがとうございました。 [苦楽賢人のつぶやき]

ようやく「アスカケ」が完結いたしました。
思い起こすと、アスカケ第1部が始まったのは2011年1月28日でした。1年半もの時間を掛けて第5部で完結とさせていただきます。
素人の書き物ですので、途中、つじつまの合わないことも多く、拙く退屈でしたでしょうが、続けてお読みくださった皆さんの広い御心と「忍耐力」に感謝申し上げます。

これを書き始めて、少し、自分自身も変わってきたように思います。最初は、少年の冒険物語でしたが、途中途中で人との関わりとか、生きる事とは何かとか、追い詰められた場合自分ならどうするだろうとか、自分でストーリーを考えていながら、カケルが次第に独立した人格となって私に問いかけてくるようでした。

最初に「峠-tao-」を掲載した時も、やはり同じような感覚を持ちましたが・・・きっと小説家の先生方はそうしたものを全て飲み込んで、さらに読者を感動させるような高い文章表現力を身につけていらっしゃるのでしょうね。

さて・・・
カケルのアスカケは一旦終了いたしました。

私のブログ更新も少し・・いや・・ここで一旦終わりを迎えたほうが良いのだろうと思います。

本当に長い間、お読みいただきありがとうございました。


性懲りもなく・・次回作へ [苦楽賢人のつぶやき]

少し時間をいただきましたが、次の物語を書き始めています。
今度は、現代ものにしようと思って、かなり、普段の暮らしに近いところから始めようと思っています。

こんな状況だったら自分はどうするだろう?

そう考えながら、話を考えていますが、時折、妄想の世界に入り込んで、妻の話が上の空となって怒られることもしばしばです。

ちょっと良い話が書ける力があればいいんですが・・なかなか・・。

もう少し、ストーリーが固まってからアップしようと思っています。
拙いお話になっても、懲りずにお読みくださると嬉しいです。

もうすぐ始める予定です。

いよいよ、新作「スパイラル」始めます。 [苦楽賢人のつぶやき]

今回は、現代が舞台です。

自分は何者なのか・・・遠い記憶と今の自分と・・・それが誰かに仕組まれてできたものだとしたら・・・。
今の自分が正しいか、それとも、過去の自分が正しいのか。
真実を知った時に待ち受けている運命は・・・。

ちょっと前ふりが大げさでした。
気楽に呼んでいただければ幸いです。

年明け1月2日から再開します。 [苦楽賢人のつぶやき]

本年は、多くの方にnice&ご訪問いただきありがとうございました。

アスカケ(空白の世紀)を完結でき、何とか次の読み物を始める事が出来ました。

もはや、ライフワークになりつつあり、自分の人生も振り返りながら、どこかで皆さんの心を休めるようなものにでもなればと願いつつ続けさせていただいております。

私の実体は、いわゆるサラリーマンです。・・いや・・団体職員という事になるでしょう。
昨年から、特別な部署に異動になり、非常に厳しい労働条件の中、ほんの少しの時間を見つけては綴っております。

これからもお付き合いいただけますようお願い申し上げます。

よいお年をお迎え下さい。

お詫び [苦楽賢人のつぶやき]

随分長い間、ブログをほっておいてしまいました。
次回作がなかなか生まれなくて、仕事が少し立て込んでいた事も言い訳にしか聞こえませんが。

・・なかなか、今までの書き物を読み返すと・・どうして、あれだけのややこしい話を書けたのか自分が信じられないほどです。

ちょっと目線を変えて、ぼんやりしたお話を書き始めています。

このブログに気づかれた方があれば幸いです。
前の10件 | - 苦楽賢人のつぶやき ブログトップ
メッセージを送る