So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

AC30 1.ジオフロント73 [AC30]

西暦3000年の世界。
22世紀、人類は、石油資源の枯渇、温暖化、食糧問題、水問題など、生存に関わる様々な問題を、科学力を以て、見事にクリアしていた。しかし、西暦23世紀初頭、巨大な彗星が地球に衝突することが予見され、世界各国は、世界連合を結成し、全ての科学技術を集めて、彗星の衝突回避への試みを始めた。
巨大な宇宙船がいくつも建造され、彗星へ向かい、幾度も幾度も、軌道の変更を試みた。結果、僅かに彗星の軌道が変わり、彗星衝突の危機は去った。しかし、度重なる破壊行為によって、彗星の一部が割れ、その最も小さい破片の落下は避けられない事態となった。
世界連合は、引き続き、その小さな破片を回避するために、幾つものミサイルを発射したが、結局回避できないことが判った。世界連合は、大きな地下シェルター「ジオフロント」を各大陸に造った。さらに、海上にも巨大な海上都市型シェルター「パシフィックフロント」も造った。

彗星の破片の落下はすさまじいものだった。
一つは太平洋上に落下した。その衝撃で、100mを超える大津波が発生し、太平洋を取り巻く国々を襲い、大都市はすべて破壊され、水泡に帰した。また、別の破片が北極近くに衝突し、その衝撃は、地下マントルにも達して、地球規模の地殻変動を引き起こした。
彗星の破片落下から数百年もの間、大地震と噴火、大陸の隆起と沈下が繰り返し起きた。さらに、地軸の傾きが変わってしまったのだった。その結果、地球の環境は大きく変わってしまった。
地上の気温は、夏季には60℃以上、冬季はマイナス60℃以下となり、植物も熱帯性と寒冷性の両方を身に着け、特異な進化を遂げたものだけが、地表を覆うようになった。赤道上はほとんどが砂漠化し、両極の氷もすべて溶けてしまった。
地上の哺乳類のほとんどは死滅し、昆虫や両生類、爬虫類などの下等な生物の一部だけが生き残り巨大化した。海洋では、魚類や甲殻類、貝類が巨大化した。
こうして、西暦3000年には、21世紀とは全く別の地球となってしまっていた。
世界各地に造られた「ジオフロント」「パシフィックフロント」に多くの人類は逃げ込んだ。
しかし、地殻変動で多くのシェルターは破壊されたり、地中深く呑み込まれたり、あるいは、海中に沈んでしまった。僅かに幾つかのシェルターは残り、そこに数万人単位の人類は生き残っていた。
ここは、地上の大型のシェルター「ジオフロント」のひとつ、全長20kmほどもあり、地下100mに造られていて、「グランド・ジオ73」と呼ばれていた。ここは、奇跡的に、無傷で残った貴重な場所だった。
大型シェルターは、数百年の間、人類が生き続けられるための機能が備えられていたはずだった。
内部はいくつものエリアに分かれた巨大な地下都市であった。彗星落下から200年ほどは機能していたが、現在では大半が機能していなかった。それでもライフエリアは、頑強に造られていて、そのまま維持できていた。
ライフエリアには、セルブロックと呼ばれる箱状のものが、フロントを支える柱に木の葉のごとくつながり、それら一つ一つのセルブロックに一人、住んでいる。ライフエリアの中でも、セルブロックのある場所をライフツリーと呼んでいた。そしてライフツリーの真ん中には、コムブロックと呼ばれる広い場所があり、日中の大半はここで過ごす事がここのルールであった。
最も人口が多かった頃には、こうしたライフツリーは1万本以上に人が住み、このジオフロントには、10万人規模の居住者が居たはずだったが、今では、ほんの1000人ほどまでに減少していた。

それから、随分と長い時が流れた。
今、グランド・ジオ73で暮らす人々は、ここを築いた人類を「先人類」と呼んでいた。もはや、まったく新しい人類と言うべき存在だった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。