So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

3-18 逮捕 [同調(シンクロ)Ⅱ-恨みの色-]

深夜になって、周囲は静まり返っていた。
黒いワゴンが駐車場に入ってくる。男が一人、ワゴン車の後部席から降りてくる。
駐車場の暗がりを選ぶようにして、速足で歩き、病院の裏口へ向かう。そして、非常階段を使って、病棟へ入り、5階の病室の入り口まで来た。ナースステーションには看護師は居なかった。
静まり返っている病棟、男は少し違和感を覚えながらも、目的の病室を探した。すでに消灯時間を過ぎていて、廊下は常夜灯の薄明かり程度で、全ての病室の灯りは消えている。
「佐藤優香」と書かれた札を一部屋ずつ確認していく。目指す部屋は、病棟の一番奥だった。
男は静かに病室の引き戸を開ける。ベッドには静かに眠る姿が薄明かりの中に確認できた。男は、ポケットから大きなサバイバルナイフを取り出して、ゆっくりとベッドに近づいていく。そして、ナイフを持った手を大きく振り上げ、胸元辺り目掛けて突き立てた。
その瞬間、病室の照明がぱっと点く。
ベッドには一樹が居て、ナイフを突き立てた男を羽交い絞めにした。
すぐに、後ろから、松山と森田が飛び掛かった。あっけなく男は逮捕された。
隣室から、吉武刑事が飛び込んでくる。
「よし!」
一樹は、ベッドから起き上がり、布団を払う。サバイバルナイフが布団を貫通し、一樹のつけていた防弾チョッキに突き刺さっていた。

一樹は、繁華街の路地で「十勝一家殺害の目撃者がいる」という情報を流し、綾部が動くのを待っていたのだった。病院の協力も得て、改装中の病棟の一部を借り、佐藤優香の病室を作っていたのだった。極めて単純なやり方だが、一度殺害に失敗した綾部は焦っていた、だから、まんまと作戦に乗ってしまったのだった。

「殺人未遂の現行犯で逮捕する。さあ、顔を見せろ!」
男は顔を上げ、不敵な笑みを見せた。
捕まえた男の顔を見て、吉武は落胆した表情を見せる。
「こいつ、青龍会の若造です。・・くそっ!」
「やはりそうか・・・綾部は十勝の事件でも自ら手を下していない。おそらく、井上警部補も誰かにやらせたに違いない。」と一樹。
「どうします?」と吉武。
「きっと、成り行きを確認するために、近くにいるはずだ。そうだ、ワゴン車は?」
一樹が言うと同時に、松山と森田が病室から飛び出した。吉武刑事も、すぐに無線で駐車場に潜んでいる部下たちに連絡する。
駐車場周りに潜んでいた、地元の警察官が気付かれないように、ワゴン車を取り囲む。
車内には、綾部の姿があった。動く気配はない。一度失敗しているためか、確実に殺したことを確認する為、子分の帰りを待っていた。視線はずっと病院の裏口辺りにあった。
警察官が完全の周囲を取り囲んだ。
裏口から、男が二人飛び出してくるのが見える。子分ではない。綾部は、すでに逃げられない状況だという事を直感した。
「綾部だな!」
運転席には、目を閉じ、観念した様子の綾部が座っていた。運転席のドアがゆっくりと開き、黒いスーツ姿の綾部が現れた。
「殺人教唆の容疑で逮捕する。」
吉武刑事が、手錠を取り出し、その場で逮捕した。
「やりましたね、吉武さん。」と松山が言う。
「ああ・・。」

少し遅れて、一樹たちもやってきた。
「優香さん、あの男が綾部。どう?」
亜美が訊いた。
優香は、綾部を睨み付ける。それに気づいて、吉武刑事は、綾部の顔を優香たちの方に向けた。少し歪んだ表情を浮かべている綾部は、何の事か判らないまま、そこに立つ女性を見る。
優香の、強く握りしめた両手の拳が震えている。
レイは優香が綾部に飛び掛かるのではと考え、後ろからそっと体を掴んでいた。
「間違いありません。あの夜の男に間違いありません。」
優香は大粒の涙を溢しながら言った。
「ふん。」
綾部は、優香を睨み返した。
「お前には、十勝の佐藤一家殺害に関する容疑と、その実行犯・・お前の弟分の殺害と死体損壊・遺棄容疑、井上警部補殺害もある。他にも、叩けばいくらでも出てくるだろう。まあ、二度と出て来れんだろうな。」
「何の事だ?俺は無実だ。」
綾部が、最後の悪あがきの様に吐き捨てた。
「せいぜい、言ってろ。証拠ならいくらでもあるんだ。さあ、行くぞ。」
吉武刑事はそう言うと、綾部とその子分を連れ、部下たち共に、署へ向かった。

「これで終わったわね。」
レイが優香に優しく問う。
「後は、吉武さんたちに任せておけば大丈夫よ。洗いざらい調べてくれるはずだからね。」
亜美も言った。
優香からは、あの恨みの色の思念波は消えていた。
「さて、そろそろ、橋川署に戻ろうか。署長も課長も首を長くして待ってるんじゃないか?」
一樹が言うと、森田が言った。
「ええっ?もう帰るんですか?・・ようやく片付いたんですから、札幌で少し骨休めしませんか?」
「そうですよ。北海道は美味しいものがたくさんあるんですから・・」と松山も言った。
一樹は亜美の顔を見た。
「そうね、遠藤さんも明日には退院だって言ってたから、もう1日のんびりしましょうか?」
亜美が言う。
「じゃあ、亜美、署長に連絡しておいてくれ。あと2日ほどこっちに居ますって・・いいな?」
結局、一樹が一番、骨休めをしたかった様だった。

nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。